脳梗塞の症状がでたらすぐに病院へ行くのがベスト

メニュー

医師
このエントリーをはてなブックマークに追加

危険性と治療方針

下を向く人

脳動静脈奇形は血管の構造に異常を起こしている病気です。毛細血管を解せずに動脈と静脈がつながっているので血管が破裂する可能性があります。治療には手術が必要ですが、手術が困難な部位に関しては、ガンマナイフを用いる場合もあります。

読んでみよう

リスク回避の知識

頭痛

いち早く医療機関へ

一過性脳虚血発作の代表的な症状は、片側の手足や顔の麻痺、しびれ、ろれつが回らない、言葉が出ない、片方の目が見えにくい等といった症状です。これらの症状は通常、20〜30分で治まることとなります。ただ、これらの症状は脳梗塞と共通している症状です。つまり、症状から一過性脳虚血発作と脳梗塞を見極めるのは困難だということであり、しかも、一過性脳虚血発作を発症せずに脳梗塞を発症してしまうということは、よくあることです。そして、非常に重要なことなのですが、脳梗塞は早急な治療開始が求められる病気です。従って、これらの症状が現れたら、とにかくいち早く医療機関へ向かうべきです。早期治療を受けることで、大事に至らずに済むケースも多くあります。

前触れとなる病気

脳梗塞に似た病気で、一過性脳虚血発作という病気があります。どちらの病気も血管に血栓が詰まり、脳への血流が失われる、もしくは悪くなる病気です。但し一過性脳虚血発作の場合、すぐに血栓が解け、脳への血流が通常どおりに再開しますので、脳梗塞のような大事には至らずに済む病気になります。しかし、大事に至らずに済んだからといって、放置することは許されません。一過性脳虚血発作を発症すると、15〜20%の人が3カ月以内に脳梗塞を発症すると言われており、そのうちの約半数の人が48時間以内に脳梗塞を発症すると言われているのです。つまり、一過性脳虚血発作は脳梗塞の前触れとなる病気ですので、放置せず、治療を受けなければいけません。違う視点を用いれば、一過性脳虚血発作を発症した時点で治療を受ければ、脳梗塞の発症を阻止することができるということになります。

副作用のない夢の療法へ

医療ベッド

第4の療法として人気の免疫療法ですが、ターゲットを癌細胞だけに特定することで、より効果が期待できるようになりました。副作用もほとんどなく、進行した癌にも使えます。この療法のカギを握る免疫細胞にはアクセル機能とブレーキ機能があり、双方の力を利用することで、より癌に対する免疫力を高めることが可能です。

読んでみよう

免疫療法の代表格

看護師とシニア女性

樹状細胞療法は、ヒトの免疫機能を用いたがん治療です。患者の負担をかけない治療法ですから、他の治療との並行が可能です。近年では技術の進化もあり、患者のがん組織がなくとも治療が可能となりました。結果を出す医療機関も増えています。医療機関選びは、実績を最重視しましょう。

読んでみよう